盗聴器を発見する盗聴器発見器を比較するために重要なポイントとは

盗聴器を発見する依頼をする前に確認する事

ひょんな事から、あれ?もしかして盗聴されている?と感じた場合は、盗聴器発見を探偵にお願いしようか考えると思います。もしそうなった場合は、なにもせずに探偵に依頼するのはやめましょう。盗聴発見をスムーズにするためには、確認する事があります。

 

では、盗聴発見を依頼する前にどんな事を確認した方がいいかというと、それは2点あります。まず、固定電話で話している時にガサガサと雑音が入らないかというものです。盗聴器は固定電話の近くに設置される場合があるため、電話の電波と盗聴器の電波が重なって雑音が入る場合があります。もし雑音が聞こえたら、電話の周りに不審な四角い箱がないか探してみましょう。それが盗聴器かもしれません。

 

2つ目は、携帯電話を使った確認の仕方です。部屋の中で、携帯を使って話をしてみましょう。もし自分の声が反響して携帯から聞こえたら、部屋のどこかに盗聴器があるかもしれません。これも、盗聴器から電波が出ている時に起こる現象です。

 

以上の2点を確認し、当てはまったら探偵に依頼しましょう。それを探偵に伝えれば、盗聴発見がスムーズにいく可能性はあります。
また、こういった現象がなかったら探偵に部屋をすべて調査してもらいましょう。

盗聴器が仕掛けられる場所を確認する

盗聴器は身近な場所に仕掛けられています。盗聴器は小型で、取り付けも一般人が簡単に出来てしまいます。仕掛けられる盗聴器の多くの目的は、「興味本位」といったどこにでもある理由で盗聴器が仕掛けられるのも、こうした盗聴器の扱いの簡単さが原因ともいえるでしょう。

 

そのため、引越しなどで新居に引っ越す方が、盗聴器発見調査を依頼するケースが増えています。
盗聴器を発見

 

しかし、出来れば盗聴器を自分で見付けたいと思っている人もいるのではないでしょう?
盗聴器が仕掛けられていないか、ある程度自分でも調べることは可能です。自分で盗聴器を見つけるためには、盗聴器が何処に仕掛けられることがあるのかを知ることが大事です。

 

・家族が団欒するリビング
・夫婦の寝室
・一人暮らしの女性の浴室や脱衣所

 

こうした場所が盗聴器が仕掛けられる可能性のある場所になります。盗聴器が仕掛けられる場所に検討が着いたら、その場所に何か怪しい物がないか、コンセントや家電製品の周辺を調べてみてはどうでしょうか。

 

盗聴器発見調査を依頼して、業者に全て任せるのも、専門家に調査を依頼するわけですから、安心できます。ただ、自分でも盗聴器から身を守る方法について考えておくことは大事ではないでしょうか。